*Sarah's Diary*

海外生活記と海外旅行記、その他いろいろ。

ボストン暮らし〜ベンジャミン・フランクリンとボストン・ラテン学校に迫る〜

Hello!

*Sarah*です💓

 

フリーダム・トレイルのご紹介も「そろそろ半分かな?!」と思いきや、折り返し地点はまだ先の話でした😅💦

fheuurh1.hatenablog.com

 

 

今回は豪華(!?)二本立て‼️

ベンジャミン・フランクリン銅像と、ボストン・ラテン学校のご紹介です😁

 

 

目次

 

 

ベンジャミン・フランクリン銅像(Benjamin Franklin Statue)とボストン・ラテン学校(Boston Latin School)基本情報

f:id:fheuurh1:20180905233258j:plain

ベンジャミン・フランクリン氏(Benjamin Franklin)は1706年にボストンで生まれ、後にアメリカ独立宣言の草案委員として、トマス・ジェファーソン氏(Thomas Jefferson)らと共に独立宣言に署名した最初の5名のうちの1人として知られています✨

ここに建っている銅像はボストンで最古のブロンズ像です。

 

その功績は多岐に渡り、現在のペンシルベニア大学を創設雷が電気であることを発見して避雷針を発明、などなど、100ドル札に書かれているのも彼です😲‼️

 

そんなベンジャミン・フランクリン氏が卒業したのがボストン・ラテン学校(Boston Latin School)でした。

1645年、アメリカで初めての公立学校としてボストン・ラテン学校は設立され、アメリカの歴史を語る上で外せない、あのサミュエル・アダムズ氏(Samuel Adamsや、ジョン・ハンコック氏(John Hancock)もこの高校の卒業生です。

 

現在、ボストン・ラテン学校は別の場所へ移っていますので、建物はOld City Hallとして市民から親しまれています♫

ちなみに、ボストン・ラテン学校はエリート中のエリート高校で、ハーバード大学へ送り出す卒業生の数が公立学校の中では常に全米でトップです✨✨

(参考:地球の歩き方より)

 

 

ベンジャミン・フランクリンが放つ名言の数々が深い!

f:id:fheuurh1:20180905233313j:plain

(引用:Benjamin Franklin Historical Societyより)

アメリカ建国の父として名高いベンジャミン・フランクリン氏ですが、彼の残した名言の数々は心に共感を覚えるもの心に突き刺さるものなど、とにかく深イイ〜です😊 

ここでは幾つか抜粋します♫

 

怠けているのを自分自身に見られていることを恥じなさい。

いきなりグサッと刺さりますね...何を行うにしても、一番自分自身を見ているのは自分自身ですものね。反対に、自分に誇れる行動をしながら自信をつけていきたいなと、私は思います💓

 

今日という一日は、明日という日の二日分の値打ちがある。

今日行う一つ一つが明日に、未来に繋がっているとしたら、今するべきことが見えてきますね‼️ 背筋が伸びます‼️

 

もし財布の中身を頭につぎこんだら、誰も盗むことができない。

知識への投資がいつの世でも最高の利子を生む。

もっと読書をして、いろんな事象からも経験を積みたいと思わせる名言です✨大人になっても「学び」は続きますね♫ 

 

他人の短所を指摘するのではなく、長所を褒め称えなさい

これは心に留めようと思いました‼️ 人の良いところを見るのが習慣になれば、日々気持ち良く過ごせそうですね😊

(参考:地球の名言より)

 

 

まとめ

改めて、ボストン出身の偉人は多いなぁと思います‼️

その偉人たちを卒業生として輩出する教育機関も整っていることも大きい理由かと思います✨

 

個人的には、アメリカへ留学するならボストンがオススメです‼️

程よく日本人のコミュニティもありながら、世界中から留学生が集まる学生の街なので、勉強に身を置くにはぴったりな場所です♫

 

 ...と、フリーダム・トレイルのご紹介から外れてしまいましたが、ベンジャミン・フランクリン銅像も、ボストン・ラテン学校も、屋外で緑に包まれていますので、新緑の季節だと美しさも味わいながら楽しむことができますよ😄🌷

 

 

 

 

*Sarah*

 

 

 

 

#ボストン #ベンジャミン #フランクリン #ラテン #学校 #フリーダム #トレイル #独立宣言 #名言 #科学者