*Sarah's Diary*

海外生活記と海外旅行記、その他いろいろ。

ボストン暮らし〜アメリカ革命発祥の地!ファニュエル・ホール〜

Hello!!

*Sarah*です😊

 

最近ブログを更新しておりませんでした🙏💦

またちょこちょこと書き始めていくので、読んでいただけますと励みになります♫

よろしくお願いします😄✨

 

さて、フリーダム・トレイルの後半戦の続きです♫

fheuurh1.hatenablog.com

 

今回はファニュエル・ホールのご紹介です✨

 

目次

 

ファニュエル・ホール(Faneuil Hall)基本情報

f:id:fheuurh1:20180930235525j:plain

(引用:touristsbookより)

1742年、ボストンで裕福な商人であったピーター・ファニュエル氏(Peter Faneuil)がボストン市への寄贈にと建設したのがこのファニュエル・ホールです✨

建物は商人や漁師が集まる場としても使われましたが、有名な演説家がスピーチする場としても使われてきました‼️

 

1826年にはファニュエル・ホール近くにクインシー・マーケット(Quincy Market)が建設され、現在のノース・マーケット(North Market)とサウス・マーケット(South Market)と併せて、ショッピングの楽しめるファニュエル・ホール・マーケットプレイス(Fanueil Hall Marketplace)として、地元からも観光客からも愛されるスポットとなっています✨✨

年間の来館者数は1,800万人を超える人気ぶりです😊

(参考:Faneuil Hall Martketplace公式HPより)

 

 

自由と平和を希求した舞台

f:id:fheuurh1:20181001000208j:plain

(引用:Boston Tea Party HPより)

高校の世界史でも学習する、馴染みある言葉たちが深く関係していますので、紹介していきます♫

 

代表なくして課税なし(No taxation without representation)

1764年、イギリス本国から植民地に対する課税政策の一つとして砂糖法が制定された際に、「代表なくして課税なし」と植民地側が初めて訴えた場所が、このファニュエル・ホールでした‼️

 

自由の揺り籠(The Cradle of Liberty)

ファニュエル・ホールは建設された当初から現在まで、様々な有名人が演説を行う場でもあり、自由への議論を交わす場として「自由の揺り籠」というニックネームがついています✨

アメリカを独立に導いたサミュエル・アダム氏(Samuel Adams)、女性参政権獲得のために活躍したスーザン・B・アンソニー氏(Susan B. Anthony)、そしてあの、ビル・クリントン元大統領やバラク・オバマ元大統領もこのホールで演説を行っています🇺🇸🗽

 

 

まとめ

f:id:fheuurh1:20181001001144j:plain

(引用:The New York Timesより)

歴史的な一面もありながら、商業施設としても大いに賑わっているファニュエル・ホールです😊

お土産やさんも充実していますので、一通りフリーダム・トレイルを巡ったら、また戻ってショッピングするのもオススメです✨

 

 

 

*Sarah*

 

 

 

#ボストン #ファニュエルホール #フリーダムトレイル #革命 #自由 #演説 #観光 #クインシーマーケット