*Sarah's Diary*

海外生活記と海外旅行記、その他いろいろ。

ボストン暮らし〜巨大地球儀!マッパリウムで、地球を内側から眺めてみる〜

Hello!

*Sarah*です😆

 

本日ご紹介するのは、『マッパリウム』です✨

f:id:fheuurh1:20180806150907j:image

(写真:https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g60745-d144269-Reviews-The_Mapparium-Boston_Massachusetts.html)

これ、人が入れるステンドグラスでできた地球儀なんです‼️

 

マッパリウム(Mapparium)という言葉は、『map(地図)』+『-arium(場所・空間)』から来ています✨

 

アクアリウム、テラリウムをイメージすると分かりやすいですね😊♫

地図の中の空間、つまり地球儀に入って世界を見ることができる施設が、この『マッパリウム』です🌏

 

 

 

マッパリウム(The Mapparium)基本情報

マッパリウムは、ボストン市内のメリー・ベーカー・エディ・ライブラリー(Mary Baker Edy Library)の中にある施設です✨

 

地球儀は1935年の世界地図を元に作られており、当時の「全世界を包含する意識を現すために作られた」と、現地で渡された紙に説明が書いてありました✨

設計を担当したチェスター・リンゼイ・チャーチル氏は、当初、世界の国境が変わった時のためにパネルを外して置き換えることができるように作っていたそうですが、後に歴史的な作品と評価を受けたため、パネルは更新されずに現在も1935年当時の地図のままになっています🌏

 

 

マッパリウムで世界を感じよう

いざマッパリウムで1935年の世界へタイムスリップ♪

まずはライブラリーの入口でチケットを買うところから✨🎫✨

f:id:fheuurh1:20180806151231j:image

もらった赤いシールを服にペタッと貼り、指定された時間に会場へ向かいます🏃‍♂️💨

f:id:fheuurh1:20180806151224j:image

残念ながらマッパリウム内は撮影厳禁です🙅‍♀️

ガイドは全て英語で進んでいきますが、英語がもし分からなくても、見ているだけで楽しめます✨

↓これはマッパリウムの内側の様子↓

f:id:fheuurh1:20180806151629j:image

(写真:https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g60745-d144269-Reviews-The_Mapparium-Boston_Massachusetts.html)

 

マッパリウムは608枚のステンドグラスのパネルからできていて、それがLEDライトに照らされています✨

大きさはなんと3階建ての建物に相当‼️

 

中に入ると、巨大地球儀の中に閉じ込められたような感覚です😲‼️

説明が進むにつれて該当の国が光ったり、辺り一面が青い光に包まれたり、とても幻想的な世界を感じられます😊

 

また、マッパリウムの中で発せられた声は、端から端へと届くように設計されていて、小声で話してもしっかりと反響します✨

自分の声さえも遠くから聴こえてくるよう♪

 

終わって外に出ると、「自分がどこから来たのか」を書くボードもあるので記念に書いてみてはいかがでしょうか😄♫(私は右上に「YOKOHAMA→BOSTON」と書いてきました💓)

f:id:fheuurh1:20180806151751j:image

 

 

まとめ

f:id:fheuurh1:20180806151639j:image

(写真:https://www.marybakereddylibrary.org/project/mapparium/

世界を見ても巨大なステンドグラスの地球儀に自分が入る経験ができるところは珍しいと思います🌏💓

ぜひボストンに行った際はぜひお立ち寄りください✨

 

 

 参考:https://www.marybakereddylibrary.org/project/mapparium/

 

 

↓こちらの記事も併せてどうぞ↓ 

fheuurh1.hatenablog.com

 

 

 

*Sarah*

 

 

 

#ボストン  #アメリカ #マッパリウム #Mapparium #ステンドグラス #観光 #名所 #歴史 #クリスチャン #サイエンス #博物館